お知らせ

徳之島の伊仙町、牧本和秀様を訪問させていただきました。伊仙町町議会議員をされながら、馬鈴薯の生産者でもあり、黒毛和牛の生産者でもあります。馬鈴薯のソウカ病対策で弊社の「ラクト・バチルス」を愛用して下さっています。ラクト・バチルスでソウカ病の発生が無くなったと喜んでおられました♪
写真は牧本様が闘牛の為に愛情込めて育てている「優志号」4歳のオスです。私、野口の後ろはJAあまみ徳之島事業本部 購買課の窪田様です。窪田様も大きいですが、隣にいると小さく見えます(笑) 優志号の現在の体重は窪田さんの10倍、野口の25倍の1トン!体は大きいけれど優しい目をした若牛です!
次回の投稿では、圃場を撮影した別の生産者の方の写真をアップいたします。
お楽しみに♪
 
 
日本有機の「ラクト・バチルス」は、こちらからもお求めいただけます。
 
鹿児島県は全国でも有数のバレイショ生産地です。
長島(JAいずみ)、離島(JAあまみ,JA種子屋久)南隅地区(JAきもつき)では、現在、春の収穫に向けて作付けの準備が進んでいます。
そんなバレイショ生産の「土づくり」を支えるのが弊社の乳酸菌土壌改良剤「ラクトバチルス」です。バレイショのソウカ病対策として大変人気と実績のある商品です。もちろん他の作物にも効果的で、北は北海道から、南は沖縄まで多くの生産者の方々からご注文やお問い合せをいただいています。
写真は今年の6月21日の南日本新聞の記事と先日、JAいずみ(長島地区)にラクトバチルスを納品した際に撮ってきた赤土の畑です。ラクトバチルスの写真もご紹介します。





「ラクトバチルス」は、弊社のオンラインショップからもお求めいただけます。

9月28日に大変悲しいことが…桜島大根の圃場の一部が何者かに荒らされてしまいました(泣)おそらくイノシシかな?
取り急ぎ対策として圃場の周りをピンクのテープで囲いました!簡易的な措置ですが今のところ被害はありません。
桜島大根もしっかり成長していて、大根らしい葉っぱになってきています♪本日10月3日に追肥を行いました!
肥料は弊社の人気商品ニュートーマス有機です♪ 肥料成分は2・4・2で使いやすいロングセラー商品です♪
 
 

ニュートマス有機は、弊社のオンラインショップでもお求めいただけます。

 
55
リーチした人数
12
エンゲージメント数
投稿を宣伝
 
あなた、Toshi Otani、他4人