ブログ

なかなか桜島大根の記事をアップできなくて申し訳ございません。
すくすく育っています!マルチを突き破るのではないかと思うくらい大きくなっています♪あと2ヶ月ほどで収穫できそうです!
 
前回の徳之島出張のご報告の第2弾です。
写真の野口の横の立派な男性は伊仙町の盛様。盛様は、建設会社を経営されながら馬鈴薯も作られています。種芋の植付けのお忙しい中、お話を聞かせていただきました。ソウカ病で悩んでいたが「ニュートーマス有機」と「ラクト・バチルス」を使ってみたらソウカ病が消えたとのこと!写真の機械は馬鈴薯の種芋植付けの専用機「ジャガール」!長崎から取り寄せた機械で、作業効率がグンとアップ!「ニュートーマス有機」、「ラクト・バチルス」と合わせてバレイショ作りの強い味方とのこと♪
盛社長は、見た目通りのダンディーで優しい社長様でした♪
 
 
 
 
 
 
 

日本有機の「ニュートーマス有機」と「ラクトバチルス」は、こちらからもお求めいただけます。

 
 
徳之島の伊仙町、牧本和秀様を訪問させていただきました。伊仙町町議会議員をされながら、馬鈴薯の生産者でもあり、黒毛和牛の生産者でもあります。馬鈴薯のソウカ病対策で弊社の「ラクト・バチルス」を愛用して下さっています。ラクト・バチルスでソウカ病の発生が無くなったと喜んでおられました♪
写真は牧本様が闘牛の為に愛情込めて育てている「優志号」4歳のオスです。私、野口の後ろはJAあまみ徳之島事業本部 購買課の窪田様です。窪田様も大きいですが、隣にいると小さく見えます(笑) 優志号の現在の体重は窪田さんの10倍、野口の25倍の1トン!体は大きいけれど優しい目をした若牛です!
次回の投稿では、圃場を撮影した別の生産者の方の写真をアップいたします。
お楽しみに♪
 
 
日本有機の「ラクト・バチルス」は、こちらからもお求めいただけます。